歯科医師(常勤)求人情報

院長あいさつ

こんにちは。医療法人にじいろ くろい歯科クリニック院長の黒井建志です。この度は数多くある歯科医院の中から当院の求人情報を見て頂きありがとうございます。

お陰様で、多くの患者様にご来院頂くようになり、医院も2021年11月に拡張をし、現在ユニット10台の歯科医院となっております。

まだまだ道半ばですが、今、院長となり過去を振り返って見ると、勤務医時代に培った経験が技術・考え方の根底となり、今を支えてくれていると実感しています。

勤務医時代は、歯科医師として、最も大事な時間だったと思っています。

そんな大事な時期を預かる身だからこそ、働いてくれる勤務医には私の持てる全てをお伝えしたいと考えています。

そして、上司・部下という関係でなく、部活の仲間のような、家族の一員のような関係で楽しく、一緒に成長していきたいと考えています。

このページでは、当院の特徴についてご紹介します。ご興味があれば、下記の見学・応募フォームまたは、お電話でお問い合わせください。


くろい歯科クリニックで働く特徴

幅広い診療スタイル

一般歯科だけでなく、歯周外科、インプラント、小児矯正(床矯正・拡大床)、成人矯正(ブラケット矯正・マウスピース矯正)、マイクロエンド、嚥下内視鏡(VE)など幅広く行っています。

もし、開業を目指す歯科医師なら、スペシャリストとして専門性に特化することも重要ですが、幅広く経験したゼネラリストであることも独り立ちした時に役立つと思います。未来を見据えた自己研鑽の場としても活用できると思います。

また、開業を意識してなくて専門を決めかねているような人にとっても、色んな症例に触れることができるので、興味があることが見つかるかもしれません。 一人として同じ人はいません。お一人おひとりに合った目指したい形を支援したいと思います。


定期的な症例検討会

初診患者と難易度の高い治療に関しては、必ず症例検討を行います。
「分からないまま、治療をしなければならない」
そんなことは決してさせませんので安心して下さい。


様々なスタディーグループに参加できる

参加は希望制ですが、いくつかのスタディーグループに属しています。主催となっているCYSというスタディーグループでは、年3回ほど外部講師を呼び、ハンズオンでのセミナーを開催しています。一流の技術に間近で触れることが可能です。

その他、所属スタディーグループ
・SHIKATA(岡山大学サッカー部出身者で構成されている会)
・勉強グループ(全国で活躍する若手診療家で構成されている会)
・最後までお口で食べる勉強会(医科歯科連携に関する会)


学会・セミナー参加支援

医院が指定する学会・セミナーに関しては、全額医院負担で参加を支援します。また、個人的に参加したいセミナーに関しては、相談をした上ですが、基本的に参加費半額を支援したいと考えています。「成長したい」という気持ちは全力でサポートしたいと思います。

所属学会
・日本口腔インプラント学会
・日本補綴歯科学会


プライベート、福利厚生にも注力

一昔前は、昼夜問わず、休日問わず、仕事に明け暮れるのが普通だったかもしれませんが、時代も変わっていると認識しています。診療時間は集中して濃い内容で従事し、プライベートは家族でゆっくり過ごしたり、リフレッシュの時間として企てたり、有効活用してください。

当院では、診療時間は18時まで、祝日の振替診療はせずに年間休日130日となっています。プライベートを充実して頂けるかと思いますよ。


若手Drの推奨セミナー

1年目 CEセミナー ニューベーシックコース(6日間)
ICEED GBRセミナー
ストローマン ベーシックセミナー
2年目 CEセミナー コンポジットレジンコース
ICEED 軟組織CTG.FGGセミナー
3年目 CEセミナー 顕微鏡マイクロエンドコース
CEセミナー インプラントコース
ICEED サイナスリフトソケットリフト セミナー
4年目 CEセミナー インプラントコース
5年目 CEセミナー ニューアドバンスコース

※その他、GPアカデミー 教材で毎月実習と学びをご提供します。
また、上記のセミナー参加費は半額医院が負担します。
あくまでも推奨セミナーです。個人差を考慮しますのでご安心ください。


先輩勤務医のインタビュー

歯科医師 上村

岡山大学歯学部卒業

  • Q

    いつから勤務しましたか?また今は何年目でしょうか?またどういうきっかけで勤務しましたか?

    A

    2018年4月から勤務し、現在4年目です(2022年1月現在)。元々院長とは大学のサッカー部の先輩後輩関係であり、院長はサッカー部の中でも後輩の面倒見も良く、尊敬をしている先輩でありました。そんな中、研修医時代に勤務地を検討している際に、くろい歯科で勤務医の募集があることを知り、勤務をさせて頂く運びとなりました。

  • Q

    医院はどうですか?(雰囲気 環境 スタッフとの関係)

    A

    とにかく温かい雰囲気作りを心がけていると思います。
    歯科医院という一般的に怖いというイメージを持たれがちな場所で、患者さんが少しでも気を楽に出来るよう、一人一人が常に患者さん目線に立っているということが実感できます。また、スタッフ間も常に互いを気にかけ、何かあればすぐにフォローするといった意識を高く持っているため、信頼関係も高く築けていると思います。

  • Q

    院長との関係はいかがですか?

    A

    臨床的な技術面、診断力に対する指導・助言のみならず、歯科医師として必要な心構え、身だしなみ、コミュニケーションといった人間力、さらには将来的に開業を見据えた部分についても多くの助言を頂いており、自分にとって一歩一歩進んでいく上で大きな財産となっています。また、プライベート面でも家族ぐるみのおつきあいをさせて頂いており、馴染みのないこの地での交友関係の少ない私にとってはありがたい関係を築かせて頂いています。

  • Q

    スタッフとの関係はいかがですか?(医院旅行の経験も)

    A

    人に馴染むのに時間がかかる私にとって、始めの頃は緊張もあったりしましたが、くろい歯科のスタッフは皆人間味があり、温かさが溢れており、日々の診療中の会話や休み時間の会話を通じて、コミュニケーションを深めることによって、早い段階から距離を縮めていくことが出来たと思います。また、数名のスタッフとは医院旅行で海外でも同行し、寝食を共にすることで、距離感もさらに縮まったと感じています。そのおかげで、診療中のコミュニケーションも円滑になり、良い循環になっていると思います。

  • Q

    診療について、現在は一日何人くらい診ていますか?

    A

    予約、急患合わせて18人前後です。

  • Q

    患者さんとはどういったコミュニケーションをされていますか?

    A

    患者さんが何に一番困っているか、何を一番必要としているかを引き出すように心掛けています。主訴の裏側に隠れた背景を見抜くことがその患者さんの心を掴むには重要だと感じます。

  • Q

    初めてのインプラント治療について教えて下さい

    A

    2020年の12月に当院勤務のスタッフの1歯欠損症例に対してインプラント治療を施術させて頂きました。
    事前に院長のオペ動画を予習し、CT用いてフィクスチャーの選択、埋入シュミレーションを行い、術中の留意点や埋入方向に留意しながら施術しました。また、上部構造に関しては天然歯との相違点を考えながら補綴を行いました。

  • Q

    研修について、入ってからどの様な研鑽を積まれましたか?

    A

    初期
    ファントム上に歯列模型を取り付け、クラウン、インレーの形成練習行い、本数をこなしてきたらBr.の平行性を意識した形成練習を行なっていました。また、即重の扱いに慣れるために、形成した支台歯模型上でプロビジョナルの作成、マージニングの調整練習を実践していました。さらに、前歯部における形態の認識のために3−3の連結プロビの削り出しも行っていました。

    休日の研修 (義歯・形成・豚実習)
    義歯については、模型、口腔内写真、患者情報をもとに、義歯の設計や、レストシート形成において注意すべき点、印象のポイントなどについてディスカッション形式で学んでいきました。
    また、外科的な基本技術を習得するために豚顎骨を用いて、切開・剥離・縫合の練習、フラップの扱い方を指導して頂きました。

    松阪市民病院 口腔外科
    一年目の夏から隔週で松阪市民病院口腔外科に見学へ行かせて頂 いております。主な目的は8番の埋伏抜歯を見学させてもらうことでしたが、それ以外にも外科特有の疾患である腫瘍や顎骨壊死のケースにも遭遇することがあり、普段の診療ではなかなか出会えないケースについても学ぶことができています。

  • Q

    スタディグループでの研修・発表について教えて下さい

    A

    院長が主催している松阪地区の先生方を中心としたスタディグループに参加させて頂いており、一般臨床における各分野の勘所や症例発表、時には外部からの特別講師の先生による講義を聞かせて頂いたりと、身近な先生方の経験や知識を吸収させて頂く機会をいただいています。
    また、私自身の初めてのインプラントケースにおいては技工士の方々も参加された会にて供覧させて頂き、貴重なご意見を頂くことも出来ました。

  • Q

    衛生士学校での講義、講演について教えて下さい

    A

    院長が講師を務める衛生士学校の講義に数回帯同させて頂き、学生相手にどのような講義をするかを目の当たりにすることも出来ています。この経験は伝えようとする相手に如何にして伝えるかという点において非常に参考になる点が多いです。また、時には私自身もその場で講義をする機会を与えていただき、自分で講義をすることの難解さや聞いてもらうための工夫など考えさせられる点も多く見つかり、他の勤務医では経験できないような経験もさせて頂いています。

  • Q

    月星先生や鷲野先生のハンズオンについて教えて下さい

    A

    愛知県でご活躍なさっている月星太介先生にはBasi Lojikkのインストラクターとして松阪にてハンズオンセミナーを受講させて頂きました。ロータリーファイルの利便性や注意点、弯曲根管に対するアプローチなどエンドにおいて困りがちなポイントを細かく学ぶ事が出来ました。それまでの自分のエンド治療に対する考え方がアップデートできるいい機会になったと感じています。
    同じく愛知県でご活躍なさっている鷲野崇先生にはダイレクトボンディングのハンズオンセミナーを開いて頂きました。接着のメカニズムや形態付与、シェードの合わせ方、隣接面における充填の勘所を実際に充填しながら事細かく指導して頂きました。充填しながら指導していただけるというのはハンズオンならではの良さがあり、翌日の診療ですぐに活かせたのは今でも覚えています。

  • Q

    その他講演会やセミナー参加について教えて下さい

    A

    松阪地区歯科医師会学術大会
    Novel Biocare 合同カンファレンス
    GNDM(Greater Nagoya Dental Meeting)
    和田精密主催 金属床セミナー
    i Ceed定例会
    公衆歯科衛生研究会(ネコの会)

  • Q

    最後に、歯科医師の先生方へのメッセージ

    A

    研修医を終えた後、くろい歯科に勤務させて頂き、4年(2022年1月現在)が経とうとしています。国家試験に合格したとはいえ、臨床経験もほとんどなかった研修医直後の初めは診断力や技術もほとんどない状態で不安も大きかったですが、幸いにも恵まれた数と広い幅のケースを見させて頂く事が出来ており、一歩一歩ではありますが、臨床対応力が身についてきていると感じます。臨床面以外では、医院の横にはクロミンパークと名付けられた公園があり、コロナ禍前は地域住民の皆様との交流を築けるクロミンパークフェスティバルというイベントもあり、普段の診療とは違った患者さんとの接し方も体験する事が出来ました。こうした経験をできるのは地域密着型医院であるくろい歯科ならではのメリットだと思います。歯科医師として正しくあるべき姿、方向性へと導いてくれるくろい歯科の環境は人間的に大きく成長できる場だと強く実感しております。何事に対してもチャレンジし、前進しようとする院長の姿勢は歯科医師としてだけではなく、人として尊敬できる部分が多くあります。この環境で培った経験はどこへ行っても活かせるもので、今後自分に関わる環境に還元をしていけることを望んでいます。
    勤務医という立場で勤務先を検討することは歯科医師にとって自分の将来を決める上で非常に重要な検討事項であると思います。現在勤務地を検討している先生方、一味違うステップアップが望めるくろい歯科での研鑽、是非オススメです。


募集要項

募集職種 歯科医師
雇用形態 常勤
勤務時間 月曜〜金曜 8:30〜12:00 13:30〜18:00
土曜 8:30〜12:00 13:30〜17:00
給与 月給40万~100万円(経験に応じて)
月給40万円の内訳(基本給28万円、資格手当4万円、
役職手当3万円、固定残業代5万円)
昇給シミュレーション 1年当たり5万円/月
賞与 基本給3.5ヶ月(2021年実績)
福利厚生 社会保険完備、研修会支援制度、皆勤手当、交通費全額支給

いかがですか?
この文面だけでは伝わりにくいところがあると思います。もし、ご興味があれば気軽に見学に来て下さい。ご連絡お待ちしています。


見学・応募フォーム

必須お名前
必須Email
必須電話番号
必須応募職種
必須内容
任意ご相談内容・その他